ILCの腰痛特化型リハビリ

腰痛のイメージ

Back pain specialized rehabilitation ILCの腰痛特化型リハビリについて

当院では、「セルゲル法を始めとする各治療法」と「腰痛特化型リハビリ」を連携して実施することで全体的な治療の有効率を高めることに成功しています。

腰痛特化型リハビリも実施した時の治療有効率について

※上記表の数値は、当医療法人の治療実績に基づいて集計し作成しております

なぜ腰痛特化型リハビリが重要なのか?

腰痛の原因は主にセルゲル法などの治療法の対象となる「骨、脊髄、軟骨、神経、内臓、血管等」の異常によるものだけではありません。
直接的に治療を行わない「血液、血流、炎症、姿勢、歩き方、運動、筋肉のコリ、筋のハリ、インナーマッスル、体内老廃物(毒素)の蓄積、加齢による骨格筋機能低下、食事、腸内環境、ストレス、自律神経等」、実は多くの要因があります。

そして、その人にとって負担がかかっている動きや生活環境を長年し続けてきた結果が現在痛みとして現れています。
手術をした後、その負担を根本的に変えなければ、手術後どれだけ良くなったとしても、身体が負担に耐えられなければ治療した場所とは別のところで痛みやしびれが発生する可能性が出てきますし、最悪は再発の可能性もあります。

ILCの「腰痛特化型リハビリ」では患者様に長期的に健康にお過ごし頂きたい思いから行っている腰痛治療において大切なプログラムとなります。

  • ILC国際腰痛クリニックで治療

    日帰り椎間板治療

    神経原因となる腰痛疾患・症状改善

    椎間板の治療箇所
  • ILCの先進リハビリプログラム

    腰痛特化型リハビリ

    関節・筋肉・靭帯原因となる腰痛疾患・症状改善

    腰痛特化型リハビリの治療箇所

炎症による痛みの正体について
関節付近の筋肉や腱、筋膜が硬く痙攣したり、血液が汚れていたり、体液が酸性であることによって血のめぐりが悪い箇所の血行を確保するために起こる炎症が痛みの正体です。また、腰以外の背中や肩、首、または足首や膝などの関節が固まっている場合や、腸腰筋、や腸骨筋などの深部の筋肉など、腰以外の体の他の部分が固まって腰痛を呈している場合もあります。
そのため、血流の悪くなる原因である「関節・筋肉・靭帯」について身体のどの部分に負担がかかっているか、その負担を取り除くにはどうすれば良いかをリハビリを通じて解決してゆきます。

炎症の流れ

ILCの腰痛特化型リハビリの特徴

当院では1人1人の腰痛を引き起こしている根本的な要因を下記の2つの方法によって把握し、1人1人にあったカスタマイズプランを計画し完全治癒を目指して取り組んでいます

  1. 腰痛リハビリに特化した問診(ILCオリジナルの腰痛治療に特化した問診項目を元に、通常の整形外科のリハビリで行われる問診の5倍~10倍の時間をかけて行います)
  2. 最新の検査機器を使用した患者様一人一人の身体の状態の把握
スパイナルマウスの様子1
スパイナルマウスの様子2

<スパイナルマウスでの身体の状態の測定について>

当院の治療スタッフは
全ての患者様の完全治癒を目指し、
様々な取り組みを継続しております

  • 01

    ILCの腰痛特化型リハビリ

    新しい治療プランの開発

    例1)宿泊型プランの開発

    ありがたいことに、当院の治療を受けるために飛行機や新幹線をご利用になって遠方からいらっしゃる患者様が多数おります。当院の治療は日帰りですが、からだ改善プログラムは複数回お越し頂くことになるため、遠方の患者様へも対応できるように4泊5日の宿泊型のプランを開発致しました。栄養管理も含めたトータルサポートをできるため、大変好評頂いております。

    例2)リモートフォロアッププログラムの開発

    更に長期間のサポートを必要とする場合や、患者様からのアフターフォローのご希望がある場合にはZoom等のWEBミーティングツールを利用したリモートでの治療プログラムも開発致しました。

  • 02

    ILCの腰痛特化型リハビリ

    海外のメーカー視察・研修の様子

    患者様に最良の治療を提供できるよう日々情報収集と学習、積極的に研修等の活動を行っております

    • 研修の様子1
    • 研修の様子2
    • 研修の様子3
  • 03

    ILCの腰痛特化型リハビリ

    最新の治療機器の調査→提案→採用

    当院が採用しているサティスフォーム社は創設者自身の経験を元に腰痛の要因を構造的要因・機械的要因・環境的要因の3つに分類し、それら各々の要因に当てはまる問題点を修正し、改善させる機器を研究・開発しています。利用者は腰痛を患った方だけではなく、体幹の機能向上を目指すフランス陸上連盟やフランスサッカーリーグ1部チーム、スペインサッカーリーグ1部チームなどのプロスポーツ選手も利用しています。

    • SATISFORM PAD

      最新腰痛機器1
      最新腰痛機器2
    • Zendos

      最新腰痛機器3
      最新腰痛機器4
    • Quadrischio

      最新腰痛機器5
      最新腰痛機器6
    • Mobidos

      最新腰痛機器7
      最新腰痛機器8

ILCの腰痛特化型リハビリの施術方針・概要について

徹底的な問診と最新機器によって把握した一人一人の患者様の根本原因を、3つの治療法に基づいて改善を行ってゆきます。
運動療法では主に筋肉・関節・姿勢などの原因解決を、中医学では主に血流の原因解決を、食事療法では主に酸化ストレスを改善してゆきます。

運動療法 食事療法 中医学
  • 運動療法

    運動療法の施術

    ILCのリハビリで行う運動療法の目的は、椎間板へのストレス軽減や日常生活における姿勢や動作のしにくさの解消、痛み・痺れなどの緩和と再発しない身体づくりです。
    痛みなどの症状を緩和させる事は、患者さんのQOLを向上に極めて重要なことです。
    しかし、再発するとQOLは低下し、再治療やリハビリなどを行うという手間が発生してしまいます。
    この手間が発生しないように、現在出ている症状は何が原因なのかを徹底的に評価し、明確にすることを行います。
    この評価を元に、原因となっている姿勢や動作・不良な生活習慣の改善を筋力トレーニングではなく、負担が少ない体の使い方の習得できるようになる運動をメインに行っていきます。
    併せて、自宅でも出来る運動をお伝えし、運動療法による効果を維持できるようにします。

  • 中医学

    中医学の施術

    ILCリハビリで行う中医学は、西洋医学(日本の一般的な医学)との対立ではなく、西洋医学では見えにくい部分を補うことが出来る医学です。

    この中医学の考えは、
    ①人の内側のバランスと、更にその人を包む自然や環境全体のバランスを診る
    ②個人個人に適した治療
    ③予防医学があります。

    これらの考えをもとに、
    ①鍼灸
    ②薬膳
    ③デトックス(循環)
    を用いて、血流を促進させ椎間板の修復・再生能力を高めます。

  • 食事療法

    食事療法の様子

    ILCリハビリで行う食事療法は、酸化ストレスの増加と蓄積の予防を行います。

    酸化ストレスとは、体を錆びさせる作用(酸化力)と錆びを防ぐ作用(抗酸化力)のバランスが崩れた状態のことを指します。この酸化ストレスが高いと椎間板の変性を助長させることが分かっており、修復した椎間板にも悪影響を及ぼす可能性があります。

    酸化ストレスを予防することにより
    ①椎間板のサビ(劣化)の予防
    ②椎間板への損傷予防
    につながります。
    ILCでは酸化ストレスを下げるための抗酸化作用を持つ食材を中心とした食事指導を管理栄養士が行っています。

FAQ リハビリに関するQ&A

Q
リハビリは保険適応ですか?
A
いいえ、保険適応ではありません。
医療費控除には含まれません。
Q
スタッフの方々は全員資格を持っておられますか?
A
はい、スタッフは全員国家資格保持者です。
Q
腰椎椎間板ヘルニアや椎間板の変性がなくてもリハビリを受けることは可能ですか?
A
はい、もちろん可能です。
腰椎椎間板ヘルニアや椎間板変性症に特化しておりますが、他の脊髄脊椎疾患の治療もリハビリでは行っております。ILCのリハビリスタッフは一律、腰痛以外にも精通しておりますので、脊髄脊椎疾患術後の機能回復(歩行訓練)や体力回復を図りたい方もご利用いただけます。
Q
高額医療費支給制度は利用できますか?
A
高額医療費支給制度は保険医療に関わる高額医療費の支給制度であるため利用できません。
Q
実際にどのようなリハビリを行っていただけるのでしょうか?
A
ILCでは個人が掲げる目標に合わせ、足の指の使い方や姿勢の練習、立ち方・座り方など個人に適した姿勢や運動の修正から睡眠の質の上げ方、食事のアドバイスまで幅広い指導をマンツーマンで行います。これはILCが痛みや疾患の背景には生活習慣が必ず関わっていると考えているためです。現場ではそれぞれの専門職がマンツーマンで担当するためアドバイスに迷う必要もございません。
Q
リハビリを受けるにあたり紹介状は必要ですか?
A
クリニックからの紹介状は絶対ではありませんが、現在服薬されている場合はお薬手帳をご持参くださいますようお願いいたします。
Q
宿泊型プランの施設までの送迎はありますか?
A
送迎はございません。駅から徒歩1分のリハビリ施設があります。歩行が困難な方は前もってお伝えいただければ、スタッフが駅まで車いすでお迎えにあがります。
Q
宿泊型プランを行う施設に駐車場はございますか?
A
宿泊型プランを行う施設に併設されているパーキングがございます。200台駐車可能なパーキングのためご安心してお越しください。駐車場から施設まで車いすの貸し出しもございます。
Q
クレジットカードは使えますか?
A
VISA,MasterCardのみ使用できます。その他交通系ICカードによる支払いも可能です。