治療症例紹介・コラム

Colum 無料画像相談の症例紹介 CASE-No.2|ILC国際腰痛クリニック(東京)コラム

患者様

30代 女性

患者様の症状について

  • 6年前より鈍い腰痛があり、時々突発的に激しい痛みが発生

  • 重い物を運ぶ動作が多くあったことが原因かもしれない

  • 長時間の立位や前傾姿勢をとった時に痛みが発生しやすい

  • 10段階で痛みを表すと、腰は5、おしりは2、足は1で、しびれの症状はない

  • 日常での生活動作ではおおむね困難を生じることはないが、中腰姿勢や立位の持続はやや困難

画像診断及び所見について

  • L3/4、L4/5で椎間板変性を来しています。

  • またL4/5において椎間板ヘルニアを認めます。それが脊柱管、神経根を圧迫しています。

  • L3/4では明らかな椎間板ヘルニアを認めないものの、椎間板変性と、ごくごくわずかに椎間板ヘルニアを呈しているようにも見えます。

無料画像診断ではあくまでも問診票と画像診断のみの所見であり、実際には診察することで、症状に対する最適解を見つけ出します。

治療法について

L4/5に対するセルゲル法は今ある症状に対して有効と考えます。

L3/4に関しては絶対に今セルゲル法が必要というわけではないですが、今後の予防のためにセルゲル法を行なっておくのも考慮していいかもしれません。 ここから先は実際に診察をして、治療の要否について患者さんにじっくり説明をして最適な治療を決めていきます。

当院の治療法について

今回ご案内したセルゲル法に関しましては下記リンク先のページをご参照ください。