治療症例紹介・コラム

Colum 無料画像相談の症例紹介 CASE-No.3|ILC国際腰痛クリニック(東京)コラム

患者様

50代 女性

患者様の症状について

  • 5年前より鈍い腰痛があり、今年(2022年5月頃)から症状が増悪。

  • 前屈みになったとき、左を下にして寝たときに症状が増悪する。

  • 10段階で痛みを表すと(1が最小・10が最大)、腰・おしり・下肢が5で、しびれの具合は4。

  • 歩行は問題ないが、中腰姿勢や重量物を持ち上げるような動作は非常に困難。その他、寝返りや立ち上がり、洗顔さえも困難を感じている。

画像及び所見について

  • L5/S1に椎間板ヘルニアを認めます。椎間板が脊髄の方に飛び出しているのがよくわかります。

  • L4/5、L5/S1の椎間板は他の椎間板に比べて黒色が濃くなっており、椎間板の変性と考えられます。

無料画像相談ではあくまでも問診票とMRI画像のみの所見であり、実際には診察することで、症状に対する最適解を見つけ出します。

治療法について

L5/S1は典型的な椎間板ヘルニアであり、セルゲル法の良い適応です。 またL4/5に関しては椎間板変性を来しており、今後椎間板ヘルニアなどの疾患を引き起こす可能性が高いです。セルゲル法はそういった疾患の予防にも効果的と考えます。患者さんとよく話し合って、治療に関して決めていきます

ひとこと

もはや当たり前になっていますが、今の時代は医師が治療を決める時代ではありません。治療方針の最終決定は患者さんご本人(時にはそのご家族も)に委ねられています。こんな時代でもやはり患者さんには「先生の言う通りにします!」とか「まな板の上の鯉になります!」とか言われることがよくありますね。

ただ、いくらそのように言われようとも、患者さんにはその人その人に合った治療がありますので、よく話し合って一緒に治療を決めていきたいと考えています。

当院の治療法について

今回ご案内したセルゲル法に関しましては下記リンク先のページをご参照ください。