治療症例紹介・コラム

Colum 本日の治療症例紹介 CASE-No.114|ILC国際腰痛クリニック(東京)コラム

患者様のケース

患者様

80代 女性 

これまでの患者様の経過について

2022年8月    すべり症に対して、L2・3・4・5に後方固定術を施行。術後は良好

2023年8月    腰・右臀部~足先までピリピリするような感じになる。再度L5/sの手術を提案された。

再度の手術は嫌な為、当院受診の形となる

治療前の症状について

・治療前の痛みレベル

下肢しびれおしり
痛みの度合い8866

まったく痛みが無い場合を0、考えられる最大の痛みを10と評価しています。

主な痛みの部分-臀部、右下肢

前屈:変化なし

後屈:変化なし

ラセーグ:右45度で右下腿に痛み

圧痛:両側腸骨、S3周囲

・日常動作

中腰姿勢や、立っていると症状がきつくなる。

歩行能力は50m程度。歩行器を使わないと歩けない状態。

画像及び所見について

  • L1/2-脊柱管狭窄症
  • L2/3、3/4、4/5-固定術後
  • L5/s-前方すべり

以上の事が画像上認められます。

・L1/2-脊柱管狭窄症を認め、腰周辺の痛みの可能性がある

・L2/3、3/4,4/5-固定術後の為、治療不可

・L5/s-すべりによる右椎間孔狭窄を認め、主症状の原因の可能性が高い

診察・画像所見等から上記のように治療をご提案しました。

治療について

患者様と相談の元、L1/2、5/sにセルゲル法を施行

治療は蓑輪院長が行いました。

椎間板にDisco Gel注入後の画像になります。

治療は20分程度で終了

回復室で休憩後、歩いて帰院されました。

当院の治療法について

今回ご案内したセルゲル法の補足情報です。

セルゲル法の費用:1,320,000円/1箇所(税込み)~1,760,000円/5箇所(税込み)

※この患者様のケースの費用:セルゲル2箇所=1,430,000円(税込み)

セルゲル法のリスク・副作用:治療後に一過性の痛みが発生する可能性があります。神経損傷は治療の特性上、可能性がゼロではないですが、自験例でも論文でも損傷に関する報告はありません。局所麻酔薬によるアレルギー反応出現の可能性が極めてわずかですが存在します。治療後1~2週間は症状が一時的に悪化する可能性があります。理由として、インプラントによる減圧効果により、周囲の組織をけん引する為と考えられています。その他、椎間板がすり潰れてほとんどなくなってしまっている様な場合は治療ができない可能性があります。受診時に医師と相談しながら状態に適した治療方法の選択をご相談して頂きます。

更に詳しい情報については下記リンク先のページをご参照ください。

この記事の執筆者:理事長 吉田直樹